Skip to content

同性愛の人たちは出会い系サイトでこんなコツが必要


同性愛の人たち、レズと言われる人たちは、本当にどんな方法で出会いを実現しているのでしょうか。昔はやっぱりなかなか同性愛の人たちは出会うことが出来なかったようです。

今は、レズ出会い系サイトなどあり、昔以上出会いやすい環境になったかもしれませんが、それでもまだまだ同性愛の人たちは、出会いのテクニックなど 学んで確実な出会いへとトライしていかなければなりません。出会い系サイトも、ちょっと以前では、かなり悪徳業者が横行していおり、インターネットで出会い系サイトがあるからと言ってなかなか出会うことが出来ない場所だったのです。

しかし、時間が経過して、確実に出会うことが出来る出会い系サイトのみ生き残り、現在あるレズ出会い系サイトは、本当に出会いが期待出来るサイトです。しかし、それでも本当に出会うことが出来るの?と疑う必要はまだあります。

出会い系サイトのテクニック

しかし、私達がレズ優良出会い系サイトを見付けたとしても、更にテクニックを磨いていかなければなかなかいい出会いが出来ないのも事実です。

まずは、意識していただきたいはプロフィールです。同性愛の人たちは今までいい出会いがないことを嘆き、ついプロフィールにて出会いがなくて利用していますという書き方をしてしまうかもしれません。しかし、出会いがないと書けば、やっぱりイメージってかなり悪くなってしまうことになります。出会い系サイトでやってはいけないことはマイナスイメージを相手に与えることです。前向きな文章を書くようにしてください。はじめまして、○○と言います。まず、自分を名乗る、簡単な自己紹介もとても大事なことです。

プロフィールにただ趣味として休日はショッピングによく行きますと書く人たちが結構います。しかし、実際にただ休日はショッピングによく行きますというのでは、相手はなかなかイメージを掴みにくいです。ショッピングってキーワードだけでは結構曖昧だと言うことを理解してください(参照記事はコチラ→レズ同士が出会うにはちょっとしたテクニックも必要)。

もうちょっと深入りすれば、相手もそれについて質問したいというモチベーションが生まれて来るはずです。ショッピングの種類、よくショッピングに行く場所など、もうちょっと具体的にしましょう。しかし、あんまり拘りゴチャゴチャ書いてしまうと、相手が読むのが面倒くさいということになってしまうので、あまりにも長文と言うのは控えてください。

自分を誇張し過ぎ?

同性愛の人たちは、つい自分のことをもうちょっといい感じに見せようといろいろと誇張してしまうものです。誇張し自分でうまくお気に入りの相手とうまくコミュニケーションが出来るかもしれませんが、そんな誇張した自己をさらけ出してうまく関係が持続出来るなんて考えることが出来ません。

そして、出会い系サイトでは、積極的意識が必要です。同性愛の人たちは、決して待っているだけではいいめぐり合いなど出来るはずはありません。