Skip to content

セフレ、援助交際、買い春 どこに線があるの?


セフレと援助交際とは何が違うのと首を傾げている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。援助交際、セフレ、どうでもいいでしょうが、簡単にそのような人たちを見つけることなんて出来るのでしょうか。

実際に、インターネットの出会い系サイトなど登場して事態が変わってきたというのも事実ですが、そこに甘い話しが転がっていると思えば痛い目に会うかもしれませんので注意をしていただきたいと思います。出会い系サイトで用心しなければならないのは、サクラの存在です。出会い系サイトで、セフレに、援助交際の相手に出会ったと思うものの、サクラかもしれません。サクラというケースも非常に多いのです。

【セフレ希望】

セフレ希望という書き込みがあれば、つい気持ちもうきうきしてしまい、ちょっと注意をしなければならないモチベーションなんて欠落してしまうのではないでしょうか。身体の相性を知るために、2万か3万のサポ希望と書かれていたりして、このようなことをそもそもセフレと言っていいものでしょうか。

そうです、これは、セフレではなく、援助交際の相手なのです。限定している点、ホテル代別、相手は、セフレではなく、援助交際という商売をしているのです。

【セフレって一体何】

2万か3万のサポ希望という人たちを、別にセフレと呼んではいけないという法律がどこかに存在しているというのでしょうか。まあ、あなたがそれをセックスフレンドと呼びたいのなら誰もそれを責めないでしょうけど。しかし、セフレとは何故にセフレなのかという定義は、世界を乱さないように守っていただきたいと思いますが。

セフレ、セックスフレンドの定義とは同等の立場であることなのです。お金を支払いしなければならない、そして、私の方がホテル代を支払いしなければならないというのは、セフレの条件ではないのです。「セフレ専門」を謳っているサイトって実際には結構怪しいかもしれません。そのようなサイトでの出会いは、援助交際の出会いにすぎないのかもしれません。しかし、それでいいと思えばいいですが。

【セフレでもお金を使うもの】

そもそも、セックスフレンドと言う存在がお金を使わない存在かといえば、それも違っていたりします。みなさんは、平等と言えば、食事などへ行き、お金は割り勘、そして、セックスフレンドという存在は、食事にも行かない存在だと思っているかもしれません。セックスフレンドでも、相手のことが気に入れば、そして気に入るためにも食事へ行くことがあります。食事へ行き、恋人同士のような雰囲気を味わうことでより、良いセックスフライフを実現することが出来ます。

そして、食事ではお金を支払いしなければならない訳ですが、やっぱり、日常生活のルール・マナーとして、男性が支払いするということにもなるのではないでしょうか。そのとき、既にセフレという条件を逸脱してしまっているのかもしれませんが、それもセフレはセフレなのです。だから、援助交際もセフレとして受け入れて許せる人は許せてしまうのです。

しかし、でもやっぱり何かが違うかなという違和感は時々ひしひしとわいてくるものかもしれません。援助交際と言えば、犯罪かと思っている人たちもいるようです。援助交際といえばまたまた売春と何が違うのかという問題が抱えています。売春だって、別にすぐに警察に逮捕されるということではなく、売春行為あるいはその相手方となる行為のいずれについても、これを処罰するという規定を置いているわけではないというのが、売春防止法なのです。

売春を助長する行為等の売春の周辺のことを処罰化して売春を防止しようとするモチベーションはあるようですが。売春、買い春だってモラル違反かもしれませんが罪ではありません。

ハイレベルの女性が利用しているせふれ掲示板がコチラ